スキンケア順番

スキンケアの順番

スキンケア商品って色々な種類がありますよね。
化粧水に乳液、保湿剤、オイル、クリームなどなど。

 

どれをどのようにどのような順番で使ったらいいのか、
よくわからなくて悩んでいる方も多いかと思います。

 

そこで、今回はスキンケアの順番を解説していきたいと思います。

 

スキンケアの順番の効能

では、まずその順番を並べていきたいと思います。

 

@化粧水、A美容液、B乳液、Cクリームという順番になります。
これらのものを基礎化粧品といいます。

 

ひとつのメーカーでそろえることを「ライン使い」と言ったりします。
なぜこの順番でなくてはいけないかというと、
それぞれの効能が違うからなんです。

 

その効能について、簡単に説明していきたいと思います。

 

@ 化粧水…化粧水は皮膚を保湿して、お肌のコンディションを整えてくれます。
化粧水を塗ると、角質層の表面が潤います。そうすると、肌に水分がいきわたるので、
しっかりと乾燥を防ぐことができるのです。

 

また、洗顔後の肌はアルカリ性に傾いているのですが、
化粧水を塗ることで、肌本来の弱酸性に戻れるということも大きなポイントでもあります。

 

A 美容液…美容液は保湿や美白などの美容成分が濃縮して配合されています。
美容液の成分は油分を中心としていないため、保湿成分が多く含まれていても、
ベタつかず、しっとりするという嬉しい効果があります。

 

美容液だけを使うというスキンケア方法をなさっている方もいらっしゃいますが、
美容液は効果が強いので、顔全体のケアとなるとさじ加減が難しいです。
ですので、化粧水の後で、少し気になるところに使ってみるという方が安心です。

 

B 乳液…乳液ってべたつきますし、使わない派の方はかなり多いかと思います。
でも、乳液を使ったほうがよりスキンケアできるのですヨ。

 

確かに乳液は20〜30%の油分を含んでいます。
しかし、この油分が大きな働きをしてくれるんです。
この油分が化粧水などで潤った肌をカバーして、乾燥を防いでくれるんです。
洗顔で失われた顔の油分を補うためにも、乳液をつけることをおススメします。

 

C クリーム…クリームは乳液よりも油分を多く配合しています。
こちらは乳液よりも使わない派が多いかもしれませんね。
今までの工程で使ったものの有効成分をお肌により閉じ込めるフタの役割をしてくれます。
ただ使い方がちょっと難しいかもしれませんね。
ベタつきますし。

 

本当にちょっとだけ顔に乗せて、ゆっくりと全体に伸ばすように使うとよいですよ。
ベタつきが気になる場合はティッシュで軽く押さえるとよいでしょう。

 

以上です。正しくスキンケアの順番を覚えて、取り入れてみてくださいね。
もし本当に忙しいときは化粧水だけでもOKですヨ。