スキンケア 人気

スキンケア 人気の成分

美肌のためには、外からのケアも大切ですが、中からのケアも大切です。
美肌づくりに役立つ栄養素をご紹介していきたいと思います。

 

サプリメントで摂取するのもよいですし、
サプリメントが苦手な方のために多く含まれる食材も併せてご紹介していきます。

 

・ビタミンC(アスコルビン酸)
…コラーゲンを体内で生成します。

コラーゲンとは、動物の細胞間を接着する組織の主要な構成成分です。

 

肌のハリと弾力を保つためにはコラーゲンが大切となるので、
それを生成するビタミンCはとても重要です。

 

また、抗酸化作用もありますし、メラニン色素の生成や沈着を阻害する作用もあります。
多く含まれている食品としては、野菜、イモ類、果物、緑茶などが挙げられます。

 

水溶性ビタミンなので、過剰症にはなりにくいですが、
サプリメント摂取の際は基準量を守ってください。

 

・ビタミンB群
…ビタミンB1(チアミン)、ビタミンB2(リボフラビン)、ビタミンB6(ピリドキシン)、

ビタミンB12(コバラミン)をまとめてビタミンB群と言います。

 

ビタミンB群はそれぞれに作用しあって、効果を高めていくので、
一緒に摂るとよいと言われています。

 

身体を構成している主要な成分はタンパク質で、
そのタンパク質を構成しているのはアミノ酸です。

 

このアミノ酸の生成にビタミンBは関係しています。
こちらも水溶性ビタミンなので、過剰症にはなりにくいです。

 

多く含まれる食品としては、魚、レバー、豚肉、緑黄色野菜などです。

 

・ビタミンE(トコフェロール
)…脂質の代謝を円滑にして血液の循環を盛んンにし、

脂質の酸化防止(抗酸化作用)によって老化を予防するはたらきがあります。
若返りのビタミンとも言われています。

 

小麦胚芽油、大豆油、ごま油、ピーナツ、うなぎ、卵黄などに多く含まれています。
サプリメントで摂取する場合は、脂溶性ビタミンなので、過剰症に気を付けてください。
ただ、摂取基準値がかなり高いので、過剰症には過敏になりすぎることはないでしょう。

 

・アミノ酸
…身体の組織を構成するタンパク質は約20種類のアミノ酸から出来ています。

体内では合成されないアミノ酸のことを必須アミノ酸といい、
ロイシン、イソロイシン、バリン、リシン(リジン)、トレオニン(スレオニン)、
フェニルアラニン(+チロシン)、メチオニン(+シスチン)、トリプトファン、シスチジンの9種類があります。

 

これらは均等に摂取するのが一番効率がよいです。
もしどれかが少ないと、他のものもその数値までしか吸収されないのです。

 

ですので、色々な種類の食品からタンパク質を摂るようにするとよいですよ。
食品ですと、鶏卵がもっともバランスがよいです。

 

まずは、バランスのよい食事!
さらに足りない栄養素をサプリメントなどで補って、美肌を目指しましょう!