スキンケアクリニック

スキンケアクリニック

お笑い芸人のブラックマヨネーズさんの吉田さんが出演して話題になっているCMをご存じですか?
「もしもブラマヨの吉田がもっと早く皮膚科へ行っていたら…」というキャッチフレーズのCM。
『ニキビは皮フ科へ.jp』のCMです。

 

このCMでも言われていますが、ニキビはれっきとした病気なんです。
“尋常性ざ瘡”というのが正式な疾患名です。

 

「たかがニキビで病院に行くなんておおげさだ」と自己流のスキンケアに頼る方が多いようですが、
ニキビは体質ではなく、れっきとした皮膚の疾患なのです。

 

素人の自己流のスキンケアは間違っていることも多いですし、
皮膚科に行ってきちんと診断を受け、対処したほうが絶対によいのです。

 

でも、なんだかちょっと怖い…という方のために、一般的な診察内容をご紹介していきたいと思います。

一般的な診察内容

−問診−
ニキビができた時期や経過、体調や生活習慣などについて質問されます。
食生活などが乱れていても正直に話してください。
全然恥ずかしがる必要はありませんし、医者の方もなんとも思っていないですヨ。

 

−検査−
特別な検査はありません。症状が重い場合などでは、
血液検査を行ったり、ホルモンバランスを調べたりする場合があります。

 

−処置−
主な治療はカウンセリングと薬物療法です。生活やケアの問題点を見つけ出し、
治療目標を決めて、あなたの肌にあった治療方法を医師が探します。

 

場合によっては面皰圧出などの処置が行われることもあります。
ニキビは自分で潰してしまいたくなってしまいますが、
我慢我慢!潰さずに医師に判断を委ねましょう。

 

−お薬の説明−
処方されるお薬があるときは、その使い方などの説明を受けます。
しっかり聞いて正しくお薬を使ってくださいね。

 

−生活上の注意点−
洗顔や食生活などについてアドバイスを受けることもあります。

 

このように特に怖いことはなにもありません。なんでも相談できるような先生を見つけてくださいね。
ブラマヨの吉田さんはご自身のニキビ痕についてネタにして明るく笑っておられますが、
もしあのニキビ痕がなかったらCMでもありますように見た目を売りにできるトレンディー俳優さんだったかもしれません。

 

もちろん、お笑い芸人さんもトレンディー俳優さんもどちらも素敵な職業であることには変わりないですが。

 

しかし、あの明るいキャラクターの吉田さんでも
実はニキビやニキビ痕に関しては相当悩んだことがあるそうです…。

 

ニキビに悩まれているみなさんは、
ひとりで悩まず、クリニックに足を向けてみてくださいね。

 

ニキビは皮フ科へ.jp
http://www.nikibi-hifuka.jp/