アイクリーム

アイクリーム

漫画やイラストを描くときに、年配の人を簡単に描くコツがあります。
それは、目じりなどに皺をつけたり、目元にクマをつくったり、たるませたりことです。
これをすると、すぐにその人物を老けさせることができます。

 

これは現実社会でも言えることです。
目元の皺、たるみ、クマはその人に老けた印象を与えてしまうのです。

 

目の周りの皮膚はとても薄いです。
なんと頬の皮膚の1/3の薄さとも言われています。

 

そして、人は目をとても/酷使しています。
パソコンを見つめ続けている目はとても疲れていて、
現代人は1日2万回以上まばたきをしていると言われているんです。

 

それだけ目のまわりの筋肉を動かしていては、皺ができてしまうのも仕方ないことかもしれません。

 

また、まばたきをし続けて、筋肉が疲れてしまって、
むくんだり、くまができたりしてしまうのもまた仕方ないことなのかもしれませんね。

目元のケア

とってもデリケートな目元の皮膚。
やはり、目元のケアは、専用のものを使ったほうが賢いです。

 

そして、悩みに応じたアイクリームを選ぶようにしましょう。
「たるみ」にお悩みの場合は、アンチエイジングをアピールしているものを選ぶとよいでしょう。

 

「小じわ」の場合は、保湿効果が高いもの。
「くま・むくみ」の場合は、血行を促進してくれるようなものがよいでしょう。

 

目元の皮膚はとっても繊細です。
アイクリームを強引に塗りこんだりすることは絶対に避けて、優しく丁寧に塗りましょう。

 

血行を良くしようとして、自己流のマッサージをすることも危険です。
ここは、血行促進作用のあるアイクリームを塗って、その効果を信じましょう。

 

アイクリームは、どのメーカーのものを見ても、やはりかなりお値段はお高め。
でも、1回に使う量は本当に少しですし、
目元はその人の印象を決める大切な場所だと思えば、そのコスパは案外悪くないのかもしれません。

 

25歳を過ぎたら、アイクリームのことを考えてみてくださいね。
今のケアが、あなたの5年後、10年後を決めるのです。

 

そして、目の疲れをとるために、パソコンを長時間見続けない、
目が乾燥していたらドライアイ用の目薬をさす、などの対策をとるようにしてください。

 

また、ホットタオルで目元を温めるというのもよいですヨ。
あなたに合ったケアをチョイスして、アイクリームと併用して、ケアしてくださいね。